Firefox 未署名のアドオンを使いたい ~ Firefox Developer Edition ~

Firefox_Developer_Edition_eyeインターネット

 Firefox の未署名アドオンが無効化されるようになった様です。この事により Firefox でブラウジングを楽をする機能が、尽くいつも通りに使えない。と言うご相談にお答え致します。

スポンサーリンク
 

 もう既に修正版が出ているようなので、Firefox のアップデートをすれば直ってしまうそうですが、中には未だに使えないアドオンがある様です。
 また未署名のアドオン対策が掛かるやもしれませんので、予備の対策として記しておきます。

Firefox 通常版では駄目

Firefox_Developer_Edition_01
 Firefox HELP にある “Firefox のアドオン署名”を確認してみますと、下記の様にありました。

2019年5月5日に、アドオンが無効化される問題を修正した Firefox がリリースされました。詳しい情報は、Firefox のアドオンが無効化またはインストールに失敗する をご覧ください。

Firefox のアドオン署名 | 操作方法 | Mozilla サポート

 Firefox のアドオン署名| Firefox ヘルプ をクリックしてページを表示させて下さい。

Firefox_Developer_Edition_02
 次に少し下がった”目次” にある “未署名のアドオンを使いたい場合 (上級ユーザー向け)” をクリックします。
Firefox_Developer_Edition_03
 ”未署名のアドオンを使いたい場合 (上級ユーザー向け)” の箇所に表記されている事を行なえば、使えなくなったアドオンが使えるようになる様です。

未署名アドオンが使える Firefox は3種類

Firefox_Developer_Edition_04
 必要になる Firefox が3種類ありますので、お好きな物を選んで下さい。1つ目は既に当ブログでもご紹介している、” Firefox ESR 延長サポート版 ” です。過去記事・動画を参考にして下さい。

旧式 Firefox ESR 最終版に戻す~Firefox ESR 52.9.0~
 Firefox ESR も Firefox Quantum ESR になってしまいました。現在も開発が続いているアドオンに関しては、Quantum 対応アドオンになって動くようになっておりますが、既に開発が終わってしまったアドオンや、古い
Firefox_Developer_Edition_05
 一つ飛ばして3つ目は ” Nightly ” になります。Firefox の開発テスト版と言った感じでしょうか。
Firefox_Developer_Edition_06
 で今回はこの2つ目 ” Firefox Developer Edition ” を使って、未署名アドオンを使える様にしてみたいと思います。
 青文字になっている ” Developer Edition ” をクリックして下さい。
Firefox_Developer_Edition_07
 Firefox Quantum: Developer Edition のページが開きましたら、真ん中にあります ↓ Firefox Developer Edition の青いボタンをクリックします。
Firefox_Developer_Edition_08
 ”Firefox Installer.exe を開く” ウィンドウがポップアップされますので、ファイルを保存 をクリックします。
 ※ 書き忘れておりましたが、今回は Firefox を使用して解説しておりますので、ご自身のブラウザ環境に合わせてご覧になって下さい。
スポンサーリンク
 

Firefox Developer Edition インストール

Firefox_Developer_Edition_09
 ダウンロードエリアに表示された ” Firefox Installer.exe ” をクリックしてファイルを開きます。
Firefox_Developer_Edition_10
 インストールが勝手に始まりますので、終了するまで放っておきます。
Firefox_Developer_Edition_11
 インストールが終了致しますと、自動で Firefox Developer Edition が立ち上がります。(この画像では過去に教室で Firefox Developer Edition 使っていた事があるので、この様な表示になっています。)

Firefox about:config 設定

Firefox_Developer_Edition_12
 次に行う事は、” about:config ” ページの表示です。慣れている方は Developer Edition の URL 欄に直接「 about:config 」と入力頂いて構いません。チョット自身の無い方は、Firefox 通常版 に戻り、「 about:config 」をコピーしましょう。
Firefox_Developer_Edition_13
 Developer Edition に戻り URL 欄(右側)を右クリックして、”貼り付けて移動” をクリックします。
Firefox_Developer_Edition_14
  動作保証対象外になります ! ページが表示されましたら、危険性を承知の上で使用する をクリックします。(ここでちょっと怖いなと感じてしまった方は、ここで止めておいた方がよろしいと思います。)
Firefox_Developer_Edition_15
 再度 Firefox 通常版 に戻りまして、「 xpinstall.signatures.required 」の箇所をコピーします。
Firefox_Developer_Edition_16
 Developer Edition に戻って、上部にある 検索(R): 右 BOX に貼り付けをして下さい。
Firefox_Developer_Edition_17
 ” xpinstall.signatures.required ” 項目が抽出されますので、その値 ” true ” の箇所をダブルクリックして下さい。
 値が ” false ” に変わったのをキチンと確認して下さい。
Firefox_Developer_Edition_18
 Firefox 通常版で不具合時にアンインストールしてしまったアドオンは、再インストール拒否されておりましたが、今回 Firefox Developer Edition にして、config 設定を行った事で + Firefox へ追加 が押せる状態になりました。
 皆さんもご自身でアドオンの確認をしてみて下さい。

動画解説●Firefox 未署名のアドオンを使いたい ~ Firefox Developer Edition ~

Firefox 未署名のアドオンを使いたい ~ Firefox Developer Edition ~

おわりに

 Firefox は今後も仕様がいきなり変わる可能性が有りますので、今回は大事にならなかった方も覚えておいて損はないと思います。
 お疲れ様でした。

 もし記事お役に立てたようでしたら、応援をよろしくお願い致します。
 また Twitter@pc-sdnにも合わせてご登録頂けますと幸いです。

 皆様からの応援が励みになります。

コメント