昔の Windowsフォトビューアーを Windows 10で使いたい!!

Windows_Photo_ViewerWindows

・Windows 10 のフォトが使いにくい。
・フォトの立ち上がりが遅くて、イライラする。
・コンタクトシート印刷(インディックスプリント)の設定が無い。

スポンサーリンク
 

 Windows 10 になり 標準ビューアーが “Windows フォトビューアー” から”フォト” アプリに変更になりました。すぐに画像を見たい時にパッと立ち上がる”Windows フォトビューアー” は便利でした。
 Windows Vista 以前には自分でお気に入りのビューアーを探して、ACDSee・IrfanView・Susie・ViX 等、あれこれ試していたものですが、”Windows フォトビューアー” が使えるようになってからは、特に別途探さなくてもそこそこ使えていたので、当たり前になっていました。

 と言う訳で、標準ビューアーを昔の”Windows フォトビューアー”に戻してみましょう。ご紹介するのは3通りになります。ご自身の環境に合った方法の1つを行なって下さい。

準備

 ”Windows フォトビューアー”に戻す前に、ひとつ拡張子の表示設定を行って頂きたいと思います。既に拡張子が表示されている方は飛ばして下さい。

Windows_Photo_Viewer_100
 ”エクスプローラー” を開いてから、メニューバーの”表示” > “□ ファイル名拡張子”をクリックして☑を付けて下さい。これによりファイル名の後ろに”.png” や “.jpg” と言った文字が表示されるようになります。この部分を “拡張子” と呼びます。

 この拡張子によってパソコンは関連付けを行います。例えば “.doc” や “.docx” だったら “Microsoft Word” でそのファイルを開けという関連付けを行います。今回はこの”.png” や “.jpg” が関連付けされている”フォト” アプリから “Windows フォトビューアー”に関連付けを変更してしまおうと、いう事になります。

方法1 ~ Windows 7・8・8.1 から 引き継ぎでアップグレードされたPC用 ~

Windows_Photo_Viewer_101
1_01.画像ファイルを右クリック > “プログラムから開く(H)” > “別のプログラムを選択(C)” をクリック。
Windows_Photo_Viewer_102
1_02.”Windows フォトビューアー” をクリック > “常にこのアプリを使って .○○○ファイルを使う” をクリックし ☑ を付けて OKをクリック。
Windows_Photo_Viewer_103
1_03.これで次回からは .○○○ファイルをダブルクリックすれば、”Windows フォトビューアー” で表示されるようになります。( .○○○ の画像ファイル拡張子としては、.jpg .png .gif .bmp .tif 等があります。各々の拡張子ごとに上操作を行って、拡張子に関連付けをしてください。)
スポンサーリンク
 

方法2 ~ Windows 10 パソコンを新しく買われた。もしくはクリーンインストールしたPC用 ~

※この方法はレジストリの編集を行いますので危険が伴います。最悪の場合パソコンが動かなくなる事もありますので、自信の無い方はこの後ご説明いたしますフリーソフトを使用した方法をお試しください。
Windows_Photo_Viewer_201
2_01.こちらをクリックして、開いたページの ↓ ここからコピー ↓ ~ ↑ ここまでコピー ↑ をコピー。
 (下にも同内容を記述しておきます。)
Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open]
"MuiVerb"="@photoviewer.dll,-3043"
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
00,31,00,00,00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\DropTarget]
"Clsid"="{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}"
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\command]
@=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
00,31,00,00,00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\DropTarget]
"Clsid"="{60fd46de-f830-4894-a628-6fa81bc0190d}"
Windows_Photo_Viewer_202
2_02.メモ帳もしくは普段お使いのエディターに貼り付け、保存をして下さい。ファイル名+拡張子を今回は “image.reg” で保存して下さい。その際に “ファイルの種類(T)” を”すべてのファイル(*.*)” に必ずして下さい。ここが”テキスト文書(*.txt)” のままですと”image.reg.txt” というファイル名になってしまいます。
Windows_Photo_Viewer_203
2_03.最悪の場合を考え、現在のレジストリをバックアップしておきます。
 スタート ボタン右検索BOXから「regedit」と入力し、”最も一致する検索結果”に表示された “regedit コマンドの実行”をクリックしてレジストリエディターを立ち上げます。
Windows_Photo_Viewer_204
2_04.”ファイル(F)” > “エクスポート(E)” をクリックして、名前を付けて保存をしておきます。こちらは”master.reg”というファイル名にしておきました。(このファイルは失敗時に使う物なので、今回は使いません。あくまでもバックアップファイルです。)
Windows_Photo_Viewer_205
2_05.レジストリのバックアップファイルが出来たところで、ここからレジストリの書き込みをしていきます。初めに作っておいた”image.reg”をダブルクリックして下さい。
Windows_Photo_Viewer_206
2_06.ユーザーアカウント制御が開きますので はい(Y) をクリック。
Windows_Photo_Viewer_207
2_07.少々怖い事項が書いてありますレジストリエディタ―の警告ウィンドウが開きますので、はい(Y)をクリック。
Windows_Photo_Viewer_208
2_08.”C:\Users\○○○\Desktop\image.reg に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。”と表示されましたら、 OKをクリックします。( \ バックスラッシュ は¥に置き換えて下さい。)
Windows_Photo_Viewer_209
2_09.続いてプログラムの関連付けを行います。どんな画像ファイル( 拡張子 jpg・png・gif・bmp 等 )でもよいので、右クリックして”プログラムから開く(H)” > “別のプログラムを選択 (C)” をクリックします。
Windows_Photo_Viewer_210
2_10. このファイルを開く方法を選んでください。と表示されますので、”その他のアプリ↓ ” をクリック。
Windows_Photo_Viewer_211
2_11.その他のオプションが増えますので、”Windows フォトビューアー” を探してクリックします。その下にある “□ 常にこのアプリを使って、.○○○ファイルを開く” をクリックして☑を付けてから、 OKをクリックします。これで関連付けが出来ました。
 この 2_09~2_11 の作業を、画像拡張子 jpg・png・gif・bmp 等に行なって下さい。この作業を行った拡張子の画像は、”Windows フォトビューアー” で開かれるようになります。
 

方法3 ~ フリーソフトを使用して、Windows フォトビューアーに関連付けを行う ~

Windows_Photo_Viewer_301
3_01.”Restore Windows Photo Viewer to Windows 10″ と言うフリーソフトをパソコンにインストールして行きましょう。こちら http://www.authorsoft.com/restore-windows-photo-viewer.html をクリックして下さい。
スポンサーリンク
 
Windows_Photo_Viewer_302
3_02.AuthorSoftページが開かれますので、ページ内 “Download Now (1.25MB)”をクリックして保存をして下さい。(このファイルサイズはバージョンアップ等で変わっている場合もあります。)
Windows_Photo_Viewer_303
3_03.保存した”RestoreWindowsPhotoViewerSetup.exe” をダブルクリックします。
Windows_Photo_Viewer_304
3_04.UAC(ユーザーアカウント制御)が開きましたら、 はい(Y)をクリック。
Windows_Photo_Viewer_305
3_05.インストール画面が表示されましたら Next>をクリック。
Windows_Photo_Viewer_306
3_06.次の場面インストール先をどうするか尋ねていますが、通常はそのままで良いでしょう。 Next>をクリックします。
Windows_Photo_Viewer_307
3_07.スタートメニューに置かれるフォルダー名を変更する箇所ですが、これもデフォルトのままで良いともいますので Next>をクリックします。
Windows_Photo_Viewer_308
3_08.デスクトップにアイコンを作成しますか?という事で、☑を入れたままにしておきましょう。 Next>をクリックします。
Windows_Photo_Viewer_309
3_09.このようにインストールしますと確認です。問題が無ければ Installをクリックしてインストール作業を進めましょう。
Windows_Photo_Viewer_310
3_10.”Launch Restore Windows ・・・” の☑を付けたまま Finishをクリックしますと”Restore Windows Photo Viewer to Windows 10″ が立ち上がります。
Windows_Photo_Viewer_311
3_11.”Restore Windows Photo Viewer” が立ち上がりました。上段☑が付いている画像拡張子を “Windows フォトビューアー” に関連付けを行います。下段はこのプログラムを使えるユーザーを自分だけにするか、みんなにするかをラジオボタン◉で決めます。

 よく分からない場合は一切設定箇所は触らずに、プログラム左下 Restore Windows Photo Viewer to Windows 10ボタンをクリックしますとすべての画像ファイルが、”Windows フォトビューアー”で立ち上がるようになります。

Windows_Photo_Viewer_312
3_12.「関連付けを行いましょう」ウィンドウが表示されます。 OKをクリック。
Windows_Photo_Viewer_313
3_13.コントロールパネルが開きますが、☒で閉じてしまって構いません。
Windows_Photo_Viewer_314
3_14. Exitをクリックしてプログラムを終了します。
Windows_Photo_Viewer_315
3_15.最後に”Offering”ウィンドウが表示されますが いいえ(N) をクリックします。あとは拡張子毎に 方法1 の作業を行なって下さい。
スポンサーリンク
 

画像や背景色が黄色やクリーム色になってしまった場合。

 これで画像ファイルは “Windowsフォトビューアー” で開くようになりますが、カラーマネジメントの設定をしないといけない場合があります。
 パソコンに画像処理ソフトがインストールされている場合や、複合機・スキャナー等を接続されている場合は、既にカラープロファイルが適用されておりこの作業は行わなくても大丈夫な場合があります。
Windows_Photo_Viewer_401
4_1.スタート右の “検索テキストボックス” に「colorcpl」と打ち込み、検索結果に表示された ” colorcpl(色の管理) ” をクリックします。
Windows_Photo_Viewer_402
4_2.色の管理ウィンドウが表示されましたら、”デバイス” タブが選択されていると思いますので、デバイス(D):の箇所 ボタンをクリックして、” ディスプレイ:1.○○○ “をリストから選択クリックし、そのすぐ下 ” □このデバイスに自分の設定を使用する(U) ” をクリックし ☑ を付ける。
Windows_Photo_Viewer_403
4_3.ウィンドウ左下 追加(A)… ボタンをクリック。
Windows_Photo_Viewer_404
4_4.カラープロファイルの関連付けが表示されますので、ICCプロファイル “sRGB ICE61966-2.1” をクリックし、続けて OKをクリックします。
Windows_Photo_Viewer_405
4_5.表示されているプロファイルが “sRGB ICE61966-2.1(規定)” となればOKです。もしなっていない場合、追加された “sRGB ICE61966-2.1” をクリックし、 規定のプロファイルに設定(S)をクリックし、右下 閉じるをクリックします。全てのウィンドウを閉じて、一旦再起動を行なって下さい。
※動画には出てきませんが、.tiff 拡張子の関連付けでは Windows 10 でも ” Windows フォトビューアー ” が設定されており、上記ご相談に有りましたコンタクトシート印刷ですが、これも複数枚を選択して右クリックから印刷に行きますと、昔馴染みの”画像の印刷”で設定が出来ます。
昔の Windows フォトビューアーをWindows 10で使いたい!!

動画●昔の Windows フォトビューアーがWindows 10で使いたい!!


おわりに

 確かに” Windows 10 フォト” 機能をいろいろ持たせてしまったおかげで、少々違和感のあるモノになってしまいました。それとは別に今までの慣れという物もあるとは思うのですが、直観的に分かりづらい所が難点で、簡単で分かりやすい方が良い!!と言うのが皆さんのご意見の様です。

 もし記事お役に立てたようでしたら、応援をよろしくお願い致します。皆様からの応援が励みになります。

コメント