スポンサーリンク

無料クローンアプリ未だ使える? ~Macrium Reflect 8~

Macrium_Reflect8_eye Windows
スポンサーリンク
logo_01_s.png
 本日は無料クローンアプリはもう無いの?と言うご質問に対し、過去に YouTube にてご紹介致しました Macrium Reflect 7 の後継バージョン 8 についてご説明して行きたいと思います。
Amazon_timesale スポンサーリンク:Amazon
動画解説

Macrium Reflect 8 ダウンロード

Macrium_Reflect8_001
 Q. Macrium Reflect 8 ダウンロードがまだ出来るのでしょうか?
Macrium_Reflect8_002
 A. この記事を書いている 24/06 現在はダウンロード可能でした。
Macrium_Reflect8_003
 オフィシャルサイトではありませんが、”変なアプリをインストールさせられる” 怪しいサイトでは無く、当教室でも普段からアプリのミラーダウンロードサイトとして利用しており、安心かと思われます。
Macrium_Reflect8_004
 “major geeks” サイトに行って “macrium reflect” をダウンロードします。こちら
をクリックしてサイトに飛んでください。
Macrium_Reflect8_005
 サイトに移りましたら、”Macrium Reflect FREE Edition 8″ で有る事を確認してから、ご自身が利用している Windows の Bit数の “Download (○○ -Bit)” をクリックしてダウンロードを開始してください。
Macrium_Reflect8_006
 もしご自身が利用しているWindows の Bit 数が分からない場合には、[Windows キー] +[Pause キー] を同時押し、してください。システム情報が開きますので記述されている Bit 数を確認してください。
Macrium_Reflect8_007
 次にここでは保存先を “デスクトップ” にして、ダウンロード保存を行いました。続いてインストール作業になります。

Macrium Reflect 8 インストール

Macrium_Reflect8_008
 ダウンロードした “reflect_setup_free” をダブルクリックしてインストールを開始します。
Macrium_Reflect8_009
 ユーザーアカウント制御が表示されましたら【はい】をクリックします。
Macrium_Reflect8_010
 日本語のままで【次】をクリックします。
Macrium_Reflect8_011
 セットアップウィザードが表示されます。【次>】をクリックで進めましょう。
Macrium_Reflect8_012
 “◯使用許諾契約の条項に同意します” の “◯” をクリックして “◎” にします。続けて【次>】をクリックしましょう。
Macrium_Reflect8_013
 “ライセンスキー” では、”□このソフトウェアは、個人的な~” の “□” をクリックして “☑” にします。
続けて【次>】をクリックして進みましょう。
Macrium_Reflect8_014
 “登録” では反対に ☑Macrium Reflect~ の”☑” をクリックして “□” にします。
続いて【次>】をクリックしましょう。
Macrium_Reflect8_015
 “カスタムセットアップ”では何もさわらずに【次>】をクリックして進みましょう。
Macrium_Reflect8_016
 【インストール】をクリックします。
Macrium_Reflect8_017
 デスクトップに Macrium Reflect アイコンが表示されましたらインストール完了です。
Macrium_Reflect8_018
 ” ☑ 今すぐ起動します” のまま【終了】をクリックして終わりにします。

Macrium Reflect の使い方

Macrium_Reflect8_019
 前項で ” ☑ 今すぐ起動します” にしておりましたので、直ぐに HDD・SSD の分析が始まります。この時にクローンをする外付けHDD・SSD を繋いでおきましょう。
Macrium_Reflect8_020
 分析が終わりますと、繋いでいる台数のディスク・パーティションが表示されます。
Macrium_Reflect8_021
 ※ ここで全てのディスク情報が表示されていない場合は、画面上部の【更新】ボタンをクリックして、接続している全てのディスク情報(コピー元のディスク・コピー先のディスク)を表示させてください。
Macrium_Reflect8_022
 対象の HDD と SSD が表示されましたので、まず先にクローンしたいディスクをクリックしましょう。
Macrium_Reflect8_023
 そうしますと直下に何をするか?選択項目が表示されますので、”このディスクのクローンを作成…” をクリックします。
Macrium_Reflect8_024
 新たにクローンウィンドウが開きますので、下段 “クローンを作成するディスクの選択” をクリックしてください。
Macrium_Reflect8_025
 表示されたディスクからクローン先の SSD をクリックします。
Macrium_Reflect8_026
 元のウィンドウに戻りますので【次へ >】をクリックしてください。
Macrium_Reflect8_027
 “クローンのスケジュール” に移りますが、直ぐに始めたいので【次へ >】をクリックします。
Macrium_Reflect8_028
 “クローンの概要” が表示されますので、ソースディスク(クローン元)と宛先ディスク(クローン先)は確認しましょう。
Macrium_Reflect8_029
 【終了】をクリックして次に進みます。
Macrium_Reflect8_030
 “バックアップ保存オプション” が開きます。クローンは1回しか行いませんので、2行目の “☑バックアップ及び予約をXML~~~” の “☑” をクリックして “□” 外してしまいます。そして【OK】をクリックしてクローンの開始です。
Macrium_Reflect8_031
 “警告” では ” □ ターゲットボリューム~~” の ” □ ” をクリックして ” ☑ ” にします。続けて【継続する…】ボタンをクリックします。
Macrium_Reflect8_032
 これでようやくクローン作成に入りました。終了時間は各々ディスクのデータ量やディスクの性能及び、作業を行っているパソコンの性能によって異なりますので分かりません。暫く時間が掛かりますので放っておきましょう。
Macrium_Reflect8_033
 唐突に Explorer が立ち上がったと思ったら、”クローン-成功” とポップアップされました。これにてクローン終了です。
Macrium_Reflect8_034
 この後はクローンディスクをパソコンに繋ぎ、起動確認などを行ってください。ここでは “ディスクの管理” を開いてクローン出来ている事を確認して終了しました。

おわりに

 一応まだ無料で使うことが出来ましたが、本家の方では無料版 8 のダウンロードは既に終わってしまっていますので、早めにダウンロードしておいた方が良さそうです。
長いお時間有り難うございました。

 もし記事がお役に立てたようでしたら、Youtube チャンネル登録等で応援をよろしくお願い致します。
 また Twitter@pc-sdnにも合わせてご登録頂けますと幸いです。

 皆様からの応援が励みになります。

【ぱそこん相談室 メイン】https://www.youtube.com/c/Pcsdn_com
【ぱそこん相談室 別室】http://bit.ly/sepa_room
【ぱそこん相談室 X】https://twitter.com/pc_sdn

出典:Macrium Software

コメント