青空文庫 児童書(じどうしょ) 文学(ぶんがく)

青空文庫Top

青空文庫

 にほんのむかしばなしから、アンデルセン・グリム童話などもありますので、小学校低学年から読むことが出来ます。学生の皆さんの読書感想文の宿題には、とてもありがたいサイトです。
 ただ、青空文庫の児童書だけでも数多くの作品が有り、どこへ行けばよいのか、青空文庫内を迷子になってしまっておられる方もいらっしゃるようですので、子供たちが読みやすい本が有るカテゴリーを、いくつかピックアップしてみました。


広告

読書感想文を書くには、芥川 竜之介・島崎 藤村・宮沢 賢治・新見 南吉が読みやすいかもしれませんね。

・蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ・ふるさと・ごん狐・風の又三郎・銀河鉄道の夜・グスコーブドリの伝記・セロ弾きのゴーシュ・注文の多い料理店・よだかの星

 灰かぶり姫!みなさんは分かりますか?・・・そうシンデレラの事ですね。他にもディズニー映画でも取り上げられた、ラプンツェルというお話はグリム童話だったのですね。

・赤ずきんちゃん・おおかみと七ひきのこどものやぎ・かえるの王様・白雪姫・ブレーメンの町楽隊・ヘンゼルとグレーテル

広告


 アンデルセン童話です。みにくいアヒルの子=醜い家鴨の子というのは、ちょっと漢字の勉強にもなりますよね。

・赤いくつ・おやゆび姫・人魚のひいさま・はだかの王さま・マッチ売りの少女

 アーサー・コナン・ドイルのシャーロック=ホームズシリーズが充実していますね。

・最後の一枚の葉・若草物語・アリスの地底めぐり・アリスはふしぎの国で・ジャックと豆の木・ガリバー旅行記・宝島・フランダースの犬・小公女・幸福の王子


広告