Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない!!

Adobe_flash_chrome_eyeインターネット
Adobe_flash_chrome_eye
  • Google Chrome で Flash が表示されない・動かない。
  • ポップアップだけ Flash が機能しない。
  • Flash が使われているサイトだけ、わざわざ Internet Explorer を立ち上げて見ている。

というご質問・ご意見にお答えします。また最後に、PopUp (ポップアップが表示できない)の設定方法も合わせてご紹介しています。

スポンサーリンク
 

 

 

Google Chrome の Flash 設定をしよう。

Adobe_flash_chrome_01
 Google Chrome で Flash を使用しているポイントサイト行ったときに、

○○はFlash Playerが必要になります。
最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールして下さい。

と表示されてしまい。Adobe サイトに行ってみても最新版が入っていると言われたり、再インストールしてみても全く状況が変わらず表示されないまま、どうすれば良いのか迷われていらっしゃる方が多いようです。それでは Flash が表示出来る様に設定を行いましょう。

 

Adobe_flash_chrome_02
 Chrome 右上にあるメニューアイコン 🈪 (縦に・・・と並んだアイコンです。)をクリック。

 

Adobe_flash_chrome_03
 メニューの中にある下から3番目 “設定(S)” をクリック。

 

Adobe_flash_chrome_04
 画面が設定タブ( chrome://settings )になりますので、一番下までスクロールします。
“ 詳細設定を表示… ” という箇所をクリック。

 

Adobe_flash_chrome_05
 表示項目カテゴリーが増えますので、”プライバシー” の箇所 コンテンツの設定… ボタンをクリック。

 

Adobe_flash_chrome_06
 この次の画面なのですが、 Adobe の Help サイトには、” サイトでのFlash の実行を許可する ” をクリックして◉を付けて、完了ボタンをクリック。となっておりますが、何でもかんでもどこのサイトに行っても、勝手に Flash が立ち上がってしまっては非常に危険です。

 

Adobe_flash_chrome_07
 したがって画面がコンテンツの設定( chrome://settings/content )の画面では、” Flash の実行をサイトに許可する前に確認する(推奨)” のままにして、その下にある例外の管理…をクリック。

 

スポンサーリンク

 

Adobe_flash_chrome_08
 ”Flash 例外” ウィンドウが表示されましたら、” ホスト名のパターン” 下の空白テキストBOXに、実行を許可するWEBサイト(Flash が見られなかったサイト)のURLを入力して下さい。
 上画像では既に登録されているサイトが 「http://○○○○○○○ 」となっておりますが、実際に打って頂くのは、例として使わせて頂いたドメイン部分「potora.jp」だけでも大丈夫です。

(※サイトによってはもっと正確に Flash の存在しているディレクトリーを指定して入力しなければならない場合もあります。「http://○○○○○/xx/△△/ 」等。)

 右側の ” 動作 ” の箇所ですが、” 許可 ” のままなので触らなくて大丈夫です。最後に完了 続けて 完了とクリック。

 

Adobe_flash_chrome_09
 Flash が表示・起動できなかった Flash の画面ウィンドウをクリックして最前面に出して(この図の場合、小さな”本ゲームはFlash Playerが必要になります。最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールしてください。” と表示されているウィンドウをクリックして、アクティブウィンドウにします。)キーボードの [ F5 ] キーを押しますと更新になります。(ブラウザー上部のURL欄にある の更新ボタンと同じ働きになります。ここではURL欄の無いウィンドウでしたので、[ F5 ] キーを使って画面の更新を行いました。覚えておくと便利なキーですね。 )

 

Adobe_flash_chrome_10
 Flash が表示されました。これにて設定が完了致しました。

Mac 版 Chromeも同じ

Adobe_flash_chrome_11
 Mac 版の Chrome も現在(2017.11)のところ全く同じなので、この手順で行ってみて下さい。
Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない!!

動画●Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない!!

 

Google Chrome でPopUp(ポップアップ)が表示されない

Adobe_flash_chrome_12
 Google Chrome でPopUp(ポップアップ)が表示されない・出来ないと言う方は、先ほど設定した “コンテンツの設定 ” >” Flash ” のすぐ下 ” ポップアップ ” がありますので、” ◉ すべてのサイトのポップアップ表示を許可しない ” のままにして、すぐ下 例外の管理… ボタンをクリックして、先ほどと同じように許可したいサイトを登録して下さい。

~追記~

Adobe_flash_chrome_00
 最新の Flash がインストールされていて尚且つ、”Flash の実行をサイトに許可する前に確認する(推奨)” に設定されている場合、”Get ADOBE FLASH PLAYER”ボタンをクリックすると再確認で下図が表示されますので 許可 をクリックして頂くだけで良くなった様ですね。(ADOBEのダウンロードサイトに飛ばされなくなった様です。)

おわりに

 以上で正常に動くようになると思われますが、Adobe Flash Player 自体、様々なブラウザーからのサポートを終了宣言されていますので、バージョンアップの度に設定し直す必要があるかもしれません。
 以下、ChromeのFlash廃止へ向けたロードマップになります。(参照)

・Chrome 61(2017年9月): Prefer HTML over Flashフラグの削除
・Chrome 62(2017年10月): Flash Playerモードを3オプション(Always Allow、Ask、Block)から2オプション(Ask、Block)へ変更
・Chrome 66+(2018年7月): ブラウザを再起動するごとにFlashを使用しているサイトでは明示的に実行を指定する必要がある
・Chrome 76+(2019年7月): Flashをデフォルトで無効化。設定を変更して有効にすることもできるが、ブラウザを再起動するごとにサイト別に明示的に実行を指定する必要がある
・Chrome 87+(2020年12月): Flash機能を削除

Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない2!!

Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない2!!
 前にご説明致しました、Google Chromeで Adobe Flash Player が動かない!!ですが、バージョンが変り設定表示が違うので分かりにくい、というご指摘が御座いましたので、今一度お答え致します。

参照サイト
Google、ChromeにおけるFlash終了への対応発表|マイナビニュース

Google、ChromeにおけるFlash終了への対応発表
Google Chromeチームは7月25日(米国時間)、「Chromium Blog: So long, and thanks for all the Flash」において、Adobe Systemsが発表したFlash Playerの提供終了アナウンスに対する同社の対応を発表した。GoogleはThe Chromi...

 もし記事お役に立てたようでしたら、応援をよろしくお願い致します。皆様からの応援が励みになります。

コメント